片岡 動きます!

2019年7月27日 1:22 PM|カテゴリー:スタッフブログ

 現代社会においては、組織の在り方や働き方が問われる、オスマン昨今!

子どもの社会では、自然体験活動離れや、ゲーム障害、SNSでの虎舞竜発生!

『なんでもないようなことが、幸せだったとおも~う♪』

 自殺者数は3万人をきり、減少傾向という報道だが、変死者数や遺書のない自殺などの

カウント数を変えただけで、WHOの基準にはめると、日本の自殺者数は

11万人にも上ると言われている・・・。

 近年の行政や公的な機関は、保身のための隠蔽工作や自己都合、あの人達が守るものは

法律や条例ばかり・・・。自分達を守るためには平気で嘘ばっかり(>_<)

僕達が本当に守ってもらいたいものは、毎日みんなと一緒に笑って生きられる社会だ!

 心の底から腹辰徳!

【保身(H)隠蔽(I)自己都合(G)法律(H)】

High残念プロジェクトだ!

 例えば、新しいところで言うと障害者雇用の隠蔽工作。バレた途端に、

『認識が違っていました』『これからすぐいつまでに何千人雇用します』

雇用したら、『こんなに雇用しました。』【シェェェェェェーー!!!】

 巧妙な嘘がバレたおかげで、これからの人には光明がさします。

 しかしながら、想像力と創造力が乏しすぎます。

それが指示す光の先(現場)では混乱することは、にしきの明らか。

 その前にやるべきことは、42年間、隠蔽工作してきた罰金ガム宮殿を払うベッキー!

 民間からは罰則金をとるのに、自分たちが犯した過ちには【IKKO】に一銭も払わない。

 『おどろき~♪ どんだけ~♪ 背負い投げ―♪』

 法律上払えないシステムであれば、行政も罰金を払えるように法律や条例をかえるベッキー!

そういったところにエネルギーをかけて、誠実な姿勢を見せてもらいたい。

 この42年間にどれだけの障害のある方や家族が、仕事のことを考えてきたか。

居場所を作るために努力やエネルギーを費やしてきたか。

 そういったところまで想像して、今後の政策を考えてもらいたい。

この一連には正直僕は、馬鹿にされているとさえ感じてしまいます(ToT)

 今のままでは、国民や県民の行政離れは加速の一途。

せっかく、国民や県民のためにと働いている、

頼もしく信頼できる行政マンの方々もいるのに。

 結果、嘘に加担をしている組織の一員なんて…

行政には面白い政策もたくさんあるのに!

 片岡、動きます!

高知に生まれてきてくれた高知の子どもたちのために♪

 PS. 7つの政策を掲げた、Uプロジェク党は結成いたしません(笑)